読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

restart(仮題)

主に「デュエル・マスターズ」の大会レポートやコラムなどを書いていきます。コメントや感想等はTwitterアカウントの方にお願いします。

公認大会レポート あっぷる(2017/03/05)

久々に抽選が通って参加することができました。

 

使用デッキ 白青緑VAN

デッキジャンルがうまく当てはまらないんだけど、多分こうなんだろう…

 

1回戦 シリンダミラダンテ ○

序盤から中盤までグダグダになってしまうが、なんとか盤面を作っていざ次のターンから攻撃していこうと思ったところで相手に3ターン連続《ジャッジメント・タイム》をプレイされて動けず。

しかし、止まってる間に相手の動きは特になく、自分の山札が残り4枚まで減ってしまっている盤面で相手もようやく止まったのでそこから一気に攻撃して勝ち。

 

2回戦 白刃鬼 ×

序盤に《パクリオ》で相手の《龍覇 M・A・S》を埋めて後続のドローソースを展開されないように止めていく。

すると、相手が手札を1枚残して一気にマナブーストしてきたので返しに2枚目の《パクリオ》をプレイすると、やっぱり残っていた1枚は《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》だったので一安心。

そこから相手は引いたカードをマナに置くだけ、こちらも大した動きもできずに数ターン硬直状態が続き、相手がトップで《ピクシー・ライフ》から《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》をプレイしてきたのでこちらは《超次元ガロウズ・ホール》と《パクリオ》で処理。

自分の手札には《「修羅」の頂 VAN・ベートーベン》があり、次のターンでマナチャージすると11マナに届くのでそのままプレイすればほぼ勝ち確だったのに、返しの相手のトップは無情にも《「必勝」の頂 カイザー「刃鬼」》…

そこから一気に展開されて負け。

 

結果 1-1

 

久々に大会レポート書いたけど、こんな感じで大丈夫だろうか…

 

それでは、また次回。